FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lyricaldestiny.blog118.fc2.com/tb.php/84-77030ef3

-件のトラックバック

-件のコメント

[C129]

親孝行~(゜дÅ)ホロリ
ええ子に育ってますね燦緒さんはww
いっぱいいっぱい悩んでください。自分の人生ですからねぇ(o^ω^o)

大学教授って自分で研究テーマを設定できるのは分かったんですが、何か研究したいものあるんですか?
すごい不純ですが、白衣いいっすよ!白衣'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
白衣にメガネ・・・も、萌え・・・(医者も同じw)

なんとなく生きてる若者が多い世の中で、これだけしっかり自分の将来考えてる若者がいることにビックリですwwww
  • 2008-08-06
  • ロミ
  • URL
  • 編集

[C131] >ロミさんへ

>何か研究したいものあるんですか?
一応あります。
まぁ詳しく書くと長くなるので簡潔に…。
一言でいえば人工知能に興味があるのでその研究をしたいんですよ。
ですが、人口知能の研究というのは、さんざん予算を投資した結果、社会に還元できるほどの大きな研究成果が得られず、ただ損をしただけで終わってしまった、という過去の事例があるのです。
つまり、人口知能の研究というのは金になる見込みがないので、民間などは基本的に扱われることがないのです。(民間は利益を優先するので…。)
なので、民間や国の研究所では、自分の一番興味のある研究ができないのでは……と思うので、やぱり教授にあこがれるのです。
…まぁ正直人口知能以外にも興味のある分野はたくさんあるんですけどねw(マテ
欲を言えば色々な分野の研究をしたいんですけどねw(それは無理

おっと、簡潔に書いたつもりが結構長くなってしまいましたw
すみません。

>白衣にメガネ・・・も、萌え・・・(医者も同じw)
僕は情報工学の専攻なので、白衣を着る機会がないんですよ。(薬品を使った実験などはないので、基本的に白衣はいらないのです)
けど白衣…本音を言うと着てみたいですww

>これだけしっかり自分の将来考えてる
高校生のときなんて、正直将来のことなんて何も考えてなかったんですけどね。今ほど勉強もしてなかったし…何も考えずに遊んでばかりでしたしね。
そんな僕が今は将来の進路で悩んでいるのだから驚きですよw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

将来とか…。

将来どうしたものか…結構前からですが、進路について結構迷ってます。
ちょっと自分の考えを整理する意味を込めて、何を悩んでいるのかちょっと書いていこうかと思います。

※以下、管理人のつまらん愚痴(?)なので…興味のある人だけどうぞ♪
結構長いので、本当に興味のある人だけ…。


具体的に悩んでいるのが大学院進学についてです。
いえ、進学はするつもりでいます。問題は、どこの大学院へ進学するか…ということです。

修士課程で終えるのなら、自分の大学の大学院でいいんですよね。
その場合は、普通に学部を4年で卒業して進学するか、もしくは飛び級でさっさと進学してしまうか…。僕の通う大学には早期卒業というシステムがありまして、一定の条件を満たせば、学部を3年で卒業しそのまま大学院へ進学できるのです。(私立ならではのルールです。他の私立大でも、理系ならこういうシステムがある大学は結構あります。国立大学には、おそらくないでしょう)

自分の大学の院へ行くのであれば、可能なら飛び級でさっさと進学すれば学費も1年分浮きますしね。さっさと卒業するのもありでしょう。

修士課程を終えた後は、国Ⅰの理工Ⅰを受験し技術系職員か研究職員、民間企業の研究職、産総研などの研究所の研究員、そのあたりの職につければと思っています。


次に博士課程までいった場合です。
博士までいくつもりであるなら、どこか研究の強い国立の大学院へ進学しようと考えてます。
大学院の学生数は私立よりも国立の方が圧倒的に多いのです。
博士課程などは、ただでさえ進む人が少ないので、私立では研究室によっては博士の人が1人もいないということもざらにあります。
自分の大学の教授の質が悪いとは思いませんが、やはり周りに学生がいなければ刺激もないだろうし、自分を高めたいのであるならば、学生がそれなりにいて研究の活発のところに行く方がいいのではないかと思うわけです。
同じ研究室内で定期的に研究発表を行い意見を出し合える、そんな環境があった方がいいでしょう。

で、博士課程まで進んだら目指すべきものはただ1つ、大学教授です。
……というか、日本では博士まで行くと民間は取ってくれないので、選択肢がほとんどないのです。
僕は大学教授になりたいので、本音を言えば博士まで行きたいのです。

まず大学教授になる基本ルートは、博士課程を終了後、どこかの大学の教授の下で助手として働きます。助手というのは基本的に正規の採用ではなく、○年間契約…というように任期が決まっております。なので、任期が切れるころになったら、次の仕事を探さないとならないので非常に不安定です。、また、助手をやる傍らで論文を書き、研究業績を積んでいかなければなりません。
そして、ある程度論文を発表し、研究業績を積んだところで、初めて大学の講師募集に「応募」できるようになるわけです。
ここで大学から正規の講師として採用されれば、まず一安心でしょう。とりあえず安定した職につけたわけですからね。
あとはここから、論文を書いて学会で発表したりして研究業績を積んでいきます。そして、研究業績が認められれば助教授(今は准教授って言うんだっけ?)、教授へと上がっていきます。

以上より、まず第一関門は助手から常勤の講師になれるかどうか…。
第二関門は講師から教授に上がれるかどうか…。

先に書いたように、民間は取ってくれないので逃げ道はありません。負けたらフリーターになることだってあります。学部と合わせて9年間も勉強した結果、安定した職につける確率は50%ぐらい…って言われれば、まぁいかにリスクが高いわかると思います。(助手やポスドクで終わってしまう可能性もあるのです)
いや、オーバーだろ…と思う人もいるかもしれませんが、実際こんなもんですよ。
だから日本は博士への進学が少ないのです。(民間が博士を取るようになれば、博士への進学率は上がるんじゃない?)

さてさて、僕なんかがこの世界へ足を踏み入れて、はたして勝ち上がることができるのか…。
「確実になれるから目指そう」なんて、そんな打算的な考えで夢がつかめるとも思いませんが、けど…こけたときのリスクがやっぱ高い…。
僕一人が苦しむのならともかく、万一講師にすらなれなければ、到底親孝行なんてできませんしね。

自分の人生だから自分の好きなようにすればいいのかもしれませんが、そうした「自由」は自分の責任を果たして、初めて得られるものでしょう

僕には息子として両親の老後を保障する義務があるわけです。

それを放棄して自分の人生だから~といって、好き勝手やるってのはやっぱり親不孝者だと思います。(そんなこと言ってたら何もできないじゃん?って人もいるかもしれませんが…。

さてさて、どうしたものか…。
正直、博士に進み、負けてもいいから教授を目指してみたいってのが本音ですが、現実的なことを考えると無難に修士で終え、就職するのが安定していて一番いいのでしょう。でもやっぱり博士に(以下無限ループw

まぁたっぷりと迷いながら、最終的な判断をしようと思います。


補足:企業や研究所などの研究職と大学教授(研究者)の違い。
何が違うの?って人もいると思うので簡単に説明を…。
企業や研究所の研究職というのは、企業などの方針がある程度あり、研究テーマが決められてます。なので、与えられたテーマで研究する…というのが企業や研究所の研究職です。
一方大学教授というのは、テーマの設定を自ら行い、自分の研究したいことを研究することができます。日本では自分でテーマを設定し研究できる職業は大学教授しかないのです。

…と、偉そうに言ってますが、僕が現時点で調べた限りの認識ですw
もし違ってたら教えて欲しいのです。あうっ☆
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://lyricaldestiny.blog118.fc2.com/tb.php/84-77030ef3

0件のトラックバック

2件のコメント

[C129]

親孝行~(゜дÅ)ホロリ
ええ子に育ってますね燦緒さんはww
いっぱいいっぱい悩んでください。自分の人生ですからねぇ(o^ω^o)

大学教授って自分で研究テーマを設定できるのは分かったんですが、何か研究したいものあるんですか?
すごい不純ですが、白衣いいっすよ!白衣'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
白衣にメガネ・・・も、萌え・・・(医者も同じw)

なんとなく生きてる若者が多い世の中で、これだけしっかり自分の将来考えてる若者がいることにビックリですwwww
  • 2008-08-06
  • ロミ
  • URL
  • 編集

[C131] >ロミさんへ

>何か研究したいものあるんですか?
一応あります。
まぁ詳しく書くと長くなるので簡潔に…。
一言でいえば人工知能に興味があるのでその研究をしたいんですよ。
ですが、人口知能の研究というのは、さんざん予算を投資した結果、社会に還元できるほどの大きな研究成果が得られず、ただ損をしただけで終わってしまった、という過去の事例があるのです。
つまり、人口知能の研究というのは金になる見込みがないので、民間などは基本的に扱われることがないのです。(民間は利益を優先するので…。)
なので、民間や国の研究所では、自分の一番興味のある研究ができないのでは……と思うので、やぱり教授にあこがれるのです。
…まぁ正直人口知能以外にも興味のある分野はたくさんあるんですけどねw(マテ
欲を言えば色々な分野の研究をしたいんですけどねw(それは無理

おっと、簡潔に書いたつもりが結構長くなってしまいましたw
すみません。

>白衣にメガネ・・・も、萌え・・・(医者も同じw)
僕は情報工学の専攻なので、白衣を着る機会がないんですよ。(薬品を使った実験などはないので、基本的に白衣はいらないのです)
けど白衣…本音を言うと着てみたいですww

>これだけしっかり自分の将来考えてる
高校生のときなんて、正直将来のことなんて何も考えてなかったんですけどね。今ほど勉強もしてなかったし…何も考えずに遊んでばかりでしたしね。
そんな僕が今は将来の進路で悩んでいるのだから驚きですよw

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

燦緒

Author:燦緒
以下、管理人のプロフィールです。だんだんおかしくなっていきますw

身長:173cm 体重:57kg
性別:男
血液型:B
趣味:読書、アニメ鑑賞、らくがき
特技:妄想、毒電波
職業:大学生
副業:塾講師
専攻:情報工学
出身:惑星ベジータ
所在:雛見沢
嫁:竜宮レナ
小さな野望:コアラを抱っこすること
大きな野望:研究者になること

大学で情報工学を専攻するエネルギー生命体。
その正体は軽度のアニオタなのです、あうっ☆





記事が面白かったら押して欲しいのですよ。にぱー☆

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。